これぞ本物 ロレックス

なぜ多くの人たちがロレックス・ROLEXのデイトナ・Daytonaを求めているか

Ref.6238は、 1950年代後半に登場したロレックス・ROLEXの高級ウオッチです。 Ref.6238は、 バルジュー製キャリバーを搭載した、デイトナ・Daytonaの前身とも言われているものです。 このようにデイトナ・Daytonaの基本デザインは、ほとんどここに既に確立されていたようです。 なんで多くの人たちがロレックス・ROLEXのデイトナ・Daytonaを求めているかといえば、 そこに夢を見ているのではないでしょうか。 ロレックス・ROLEXのデイトナ・Daytonaは、1960年代前半に、「宇宙」と「モータースポーツ」という2つの夢を託して誕生しました。 ロレックス・ROLEXのデイトナ・Daytona オイスターパーペチュアル・コスモグラフ・デイトナは、多くの著名人、芸能人が注目をしている高級ウオッチです。

資産価値が高い

ロレックス・ROLEXのデイトナ・Daytonaを持ちたい理由は、ロレックス・ROLEXのデイトナには、資産価値もしっかりともなっているからです。 デイトナ・Daytonaは、 正規店では常に在庫不足の事態が起きています。この傾向はなかなか改善されないでしょう。 一般的には、 並行店で購入する場合、正規価格より安く購入出来るものですが、ロレックス・ROLEXのデイトナだけは別格の存在です。 並行店を覗いても、ほとんどのケースは、高い価格で販売されています。 デイトナ・Daytonaを欲しいと思っても、なかなか定価で買えるケースも稀と考えていいでしょう。 もちろん、買取して欲しいという場合、想像以上の買取価格がつくこともほとんど間違いないでしょう。

116500LNホワイトモデルの場合

116500LNホワイトモデルの場合、正規店価格 1,274,400円なのですが、 並行店価格は、2,203,000円だったり、 2,328,000円という価格です。 ステンレスモデルのデイトナRef.116500LNは、2016年ロレックスが開発・特許取得を行ったブラックセラミック製のモノブロックセラクロムベゼルを搭載し登場します。 1965年製プラスチックべゼル仕様の手巻きデイトナRef.6264にオマージュを捧げるべく誕生したものです。 デイトナ・Daytonaは、ベゼル全体がセラミック製であり、ロレックス・ROLEXの独自開発によって耐久性にも優れています。 タキメーターのフォントも変更し、 ムーブメントは精度基準を変更し、 第4世代 Ref.16520 から、 第5世代 Ref.116520を経て第6世代 Ref.116500LN、更に新しい時代へとロレックス・ROLEXは進化します。