教育現場で使われるライブ配信E-Lecture

いま、まさに教育現場で、ライブ配信が要求される時代となりました。配信する講師と、生徒たちが、果たしてインターネットでスムーズに積極的にやりとりできる授業スタイルは実現することができるのでしょうか。

いま、 E-Lectureは、そのような教育現場のニーズから誕生したライブ配信ということができます。

AZAでライブ配信機材をレンタル

積極的なやりとりによるライブ配信

ただ、ライブ授業を流すだけというのなら、どのようなライブ配信でもいいのでしょうけど、授業シーンでは、レクチャーに対して的確に返事をしたり、生徒さんからの反応をしっかり共有する必要があります。そのようなリクエストに対応することができる機能が、E-Lectureの 「反応ボタン」や「テキストチャット」と言ったものです。

「反応ボタン」や「テキストチャット」の機能によって、ライブ配信は、単にライブ配信から、生のレクチャーを実現することができます。

配信した後すぐオンデマンドを公開

また、E-Lectureでは、ライブ配信された授業風景のデータは、終了したあと、自動的にサーバーにアップロード、編集作業が面倒くさいということは一切ありません。要求があった際に要求に応じてサービスを提供することができます。

手軽にコンテンツを配信&受講

先生も、ライブ配信したいと思うものの、方法がわからないという人たちもいらっしゃるでしょうし、機材が調達出来ないということもあるかもしれません。

しかし、E-Lectureのライブ配信は、いたって方法は簡単、必要とされる機材は、パソコンまた、ipad、あとWebカメラオンリーです。E-Lectureのライブ配信は、特別なことなど何もいらないから、生徒たちとともに簡単に共有しあうことができます。

生徒たちは、パソコンやタブレット端末・スマートフォンで受講はno problemです。

リーズナブルコストを実現

E-Lectureのライブ配信はとても画期的方法です。とにかく一度導入したいと思うものの、料金が高いとなかなか実現することができないですよね……。しかし、E-Lectureのライブ配信は、 ライブ配信とオンデマンド配信のパッケージプランは、月額利用料50,000円(税抜)です。

この程度のリーズナブル料金であれば、悠々と教育現場で使用することができるレベルではないでしょうか。

いま、まさに、ライブ配信のニーズががぜん高まり始めた時代です。ライブ配信で、教育を受ける……、これ以上のライブ配信の有効価値のあることってないのかもしれないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です