Youtubeライブ配信 外部モニターの活用

Youtubeなどライブ配信で、映像を撮影するとき、近くで映像をチェックしたい時ってありますよね。そのような人たちは、外部モニターを使用するといいでしょう。外部モニターを使用することで、カメラから離れた場所で、液晶モニターで映像を確認することができます。

では、Youtubeライブ配信はじめてという人たちはどの程度の外部モニターを求めていけばいいのでしょうか。

OSOYOO HDMI 3.5インチLCDディスプレイ

まず、リーズナブルにYoutubeライブ配信したいという人たちにおすすめ外部モニターは、OSOYOO HDMI 3.5インチLCDディスプレイです。OSOYOO HDMI 3.5インチLCDディスプレイは、 カードサイズでありながら、高い可能性を秘めたコンピューターラズベリーパイ用のディスプレイ、HDMI入力が可能な液晶パーツとして売っている商品の中では一番リーズナブル価格です。

とりあえずYoutubeライブ配信!という人たちは、とにかく安いものを求めていけばいいのではないでしょうか。HDMI出力対応の他機材から映像を表示させる事ができるという汎用性もあって充分使えると思いますよ。

現在、amazonでどの程度の価格で販売されているのかといえば、価格は¥2,980 です。 使ってみて、この程度で充分ときっと思うことができると思いますよ。

Kuman 7インチ 1080P HDMI 液晶モニター

次におすすめ外部モニターは、Kuman 7インチ 1080P HDMI 液晶モニター です。Kuman 7インチ 1080P HDMI 液晶モニター は、 パソコン用の、小型液晶モニターです。

Kuman 7インチ 1080P HDMI 液晶モニター程度のもので充分に使うことができると思います。HDMI/VGA/AV入力はno problem、 1024×600の高解像度です。amazon価格では、価格:¥6,599です。充分衝動買いが出来る程リーズナブル料金です。

アトモス ATOMOS NINJA V (ATOMNJAV01)

次のおすすめアイテムは、アトモス ATOMOS NINJA V (ATOMNJAV01)です。アトモス ATOMOS NINJA V (ATOMNJAV01)は、 amazonでは、 価格: ¥77,556で販売しています。モニターで正確な色を把握したい……という人たちにおすすめアイテムです。

5インチのIPS液晶(1920×1200ドット)、sRGBを100%カバーした液晶が搭載されています。Spyderやi1 Displayを使ってモニターキャリブレーションが可能です。

ProRes/Avid DNx・8bitまた10bitの4:2:2でSSDや専用設計されたSSDminiに収録することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です