「ライブ配信」カテゴリーアーカイブ

ゲーミングパソコン グラフィックボード(GPU)とは

あなた、ライブ配信、ゲーミングパソコンとして、どのようなデスクトップのパソコンを購入しようと思っているのでしょうか。やっぱり、デスクトップのパソコンが欲しい、しかし、いろいろスペックがわからないという人たちが多くいらっしゃることでしょう。

パソコンとゲーミングパソコンの違い

普通のパソコンと、ゲーミングパソコンの違いは、グラフィックボード(GPU)のありなし、そして、それぞれパーツ性能の高さです。

ゲーミングパソコンを購入したいという場合、パソコンのクオリティーは相当高い必要があります。

グラフィックボード(GPU)とは

グラフィックボード(GPU)とは、映像informationを処理して描画する性能の高いパーツのことです。グラフィックボード(GPU)に対しては、一般的パソコンには、なしというケース、また、最低レベルのものしかついていないことが多々ありますので、ゲーミングパソコンとして購入したいという人たちは、しっかり注意しなければならない部分です。

インターネットをする、ワード、エクセルを扱うという場合には、グラフィックボード(GPU)は、不要です。

CPU、メモリのクオリティーも意識しなければならない

ゲーミングパソコンは、グラフィックボード(GPU)だけ意識すればいいということではありません。グラフィックボード(GPU)は、CPU、メモリのクオリティーが低いと、やっぱりグラフィックボード(GPU)自体も上手く機能しない……ということが簡単に起きてしまうでしょう。

やっぱり、ゲーミングパソコンとして購入する人たちは、グラフィックボード(GPU)だけクオリティーが高いということでなく、総合的評価をしなければならないです。

グラフィックボード(GPU)のクオリティーが高いパソコンを購入すれば、あなたはストレスのないカクカクしない、なめらかな画質でゲームをenjoyすることができます。

フレームレート(fps)

更に、ゲーミングパソコンでは、フレームレート(fps)も意識して欲しいです。

フレームレート(fps)は、1秒に何回映像を表示するか、60fpsであれば、1秒に60回、120fpsならば1秒に120回です。やっぱり、数字が大きい程、クオリティーの高いてなめらか映像を演出することができます。

しかし、ここも、フレームレートに関してはパソコンのクオリティーとモニターのクオリティーに依存するので注意しましょう。現在、最高峰のフレームレートは240fpsです。ただし……、PS4やSwitchは60fpsが限界値です。

ライブチャットのNG行為

ライブ配信として人気なのは、ライブチャットです。ライブチャットも、あなたが正しく使用するモチベーションを持つことで、安全に有意義に、利用することができます。最初は、ライブチャットに対して、正しい使用の仕方をしている人たちも、段々とマナー違反……ということがあります。呉々も注意していただきたいですね。

ライブチャットのルールを守る

あなたは、ライブチャットで楽しもうと思えば、しっかりルールを守る姿勢が大事です。法律に触れるような違法行為というものありますので、あなたは、それに抵触したら逮捕されてしまうかもしれません。

ライブチャットには、ノンアダルトとアダルトがあります。アダルトのライブチャットを利用している人たちは、例えば、女の子の裸のシーンを、安易な気持で流出させてしまうこともNGです。ライブチャットは、バーチャルの世界、ついつい甘い気持でそのようなことをしてしまったという人たちもいるかもしれません。

単に、ライブチャットの運営会社と、あなたの問題だけでなく、名誉毀損で刑事責任が問われる可能性も充分あるシーンです。

あなたは、ライブチャットをしているとき、社会的人間である自覚はしっかり持って、向き合う必要があります。どうせ他の人もやっているからしてもいいでしょう……という軽い気持が禁物です。

また、些細なことに見えるかもしれませんが、新規会員登録のお試しポイントプレゼントを目的に、たくさんアカウントを作るという行為も、違法です。 やがて損害賠償を請求されるリスクがあり、過去にはそのような事例がありました。

強要はNG

ノンアダルトのライブチャットでも、ついつい男性は、調子に乗れば女の子に対して、アダルトの会話や、行為をリクエストしてしまうことがあるかもしれません。しかし、ノンアダルトのライブチャットでは、そのような行為はNGです。ですから、ノンアダルトのライブチャットは、幾分料金もリーズナブルで提供しているのですから。

ライブチャットでチャットレディーをしている女の子たちはごくごく普通の女の子たちなのです。チャットレディーたちも、会話など楽しみたいと思って参加しています。あなたは、そのような女の子に対して、いつも気を遣うというモチベーションが大事です。

あなた本意のモチベーションでは、女の子から嫌われてキックされることもあります。ここでもしっかり注意しなければならないのは、実社会と同じいいコミュニケーションです。

2020年、注目のライブ配信アプリTwitCasting LIVE(ツイキャス)

ライブ配信に注目している人たちが急増中です。YouTubeやFacebook、Twitter、LINE、Instagramと言ったソーシャルネットワーキングサービスはライブ配信に対応し、より気軽なモチベーションでライブ配信という人たちが多くいらっしゃることでしょう。

更に2020年、 このような人気ライブ配信アプリが話題です。

TwitCasting LIVE(ツイキャス)

まず、おすすめライブ配信アプリは、TwitCasting LIVE(ツイキャス)です。

TwitCasting LIVEは、 ツイキャスとして多くの人たちに2010年に運営がスタートして依頼親しまれているライブ配信アプリです。TwitCasting LIVE(ツイキャス)は、 Twitter、Facebookのアカウントで、ライブ配信をスタートすることができます。

パソコンだけでなく、スマートフォンを使っても、気軽にライブ配信することができるから女性の人たちにも人気です。

Periscope

次のおすすめライブ配信アプリは、Periscopeです。Periscopeは、Twitterが提供している、ライブ配信サービスです。Periscopeは現在、Twitterから利用することができるようになりました。専用アプリは必要なし、気軽にライブ配信を実現することができます。

通常の投稿と同じようにハッシュタグを付けることができます。選択した人たちオンリーに公開される「限定公開」に設定することができます。

Instagram Live

次のおすすめライブ配信アプリは、Instagram Liveです。Instagram Liveは、 2017年1月17日から日本でも本格的に利用することができるようになりました。ライブ配信をスタートすることで、 フォロワー全員に通知が届きます!

ライブ配信が終了して、24時間に限ってストーリー投稿として、リプレイ動画にすることができます。リプレイ動画は、 「早送り」や「早戻し」をすることができてちょっとした便利さがあります。

Tiktok

次のおすすめライブ配信アプリは、Tiktokです。Tiktokでは、オリジナルサウンドを利用し「15秒」までのショート動画を投稿することができる、 動画配信サービスです。

投稿できる動画が15秒と短かめという特徴があるため、配信に対してのより気軽さが生まれるのではないでしょうか。動画や音声の編集は、スマートフォンひとつで簡単に行うことができます。

いかがでしょうか。2020年、このようなライブ配信アプリを使用して、あなたのライフスタイルをもっと活性化させてみてはいかがでしょうか。

2020、おすすめライブ配信アプリ Live.me

2020年、おすすめのライブ配信アプリは、これです。気軽なモチベーション、即ライブ配信、時代は、どんどん進化しています。

早速ライブ配信をはじめよう

Live.me

まず、最初におすすめライブ配信アプリは、Live.meです。Live.meは、日本では 2016年7月から提供されるようになった、 アメリカで、4ヶ月で500万ダウンロードを達成した実績を持つライブ配信動画アプリです。

ライブ配信アプリのメリットはやっぱり操作が簡単に出来ることではないでしょうか。Live.meは、 もちろん配信や視聴の操作を簡単に行うことができるから魅力なのです。

Facebookや Twitter、インスタグラムと言ったソーシャルネットワーキングサービスにも簡単にシェアすることができます。 またLive.meには、配信者の画面にユーザーが参加することができるコラボ配信、3人まで同時配信することができるグループ配信といった機能があります。

17 Live

次のおすすめライブ配信アプリは、17 Liveです。17 Liveは、台湾製のライブ配信アプリです。現在、 世界9ヶ国、グローバル展開を果たし、 既に4,000万ユーザーを突破しています。日本だけでなく、グローバルに世界中の人たちとつながることができます。

17 Liveでは、配信した人たちに対して、お金をプレゼントすることができる「投げ銭」システムを導入しています。投げ銭を導入しているライブ配信アプリは他にもありますが、敢えて、このライブ配信アプリの特徴は、投げ銭の文化が定着している台湾や中国のリスナーが多いことではないでしょうか。

ひょっとしたら、相当な儲けが期待……できるかもしれません。動画だけでなく、Instagramのような写真投稿もすることができます。

MixChannel LIVE

次のおすすめライブ配信アプリは、MixChannel LIVEです。MixChannel LIVEは、動画コミュニティ「MixChannel」が提供しているライブ配信サービスです。2017年3月にすべてのユーザーが配信することができるようになって、より注目度がアップしました。

MixChannel LIVEには、 「カラオケ機能」があります。ライブ配信中の2,000曲以上もの人気楽曲のカラオケ音源で気分よく歌うことができ、日々、NOストレスです。

Pococha

次のおすすめライブ配信アプリは、Pocochaです。Pocochaは、DeNAが運営するライブ配信アプリです。Pocochaは、Twitter・Facebookのアカウントを使って登録することができ、 Twitterとの連携も可能、お気に入りの配信者を応援、ファンコミュニティを作ることができます。

【ライブコマース】というライブ配信の方法

ECとはなんなのでしょうか……、今更周囲の人たちには聞けないという人たちにお話ししますが。 それはElectronic Commerceの略で、「電子商取引」の意味です。 「Eコマース」とも言います。
インターネットや専用線などのネットワークを利用して、売買や決済、サービスの契約などを行うサービス提供を言います。

ECとは

ECとは……、別に何も難しいことを考える必要はないのではないでしょうか。なぜなら、あなたは、既にECを利用している可能性もあるからです。ECがわからないというものの、あなたの日常生活にこんなにもECは身近な存在になっています。簡単に言ってしまえば、電子商取引とは、amazonでショッピングをすることなのです。

電子商取引の電子とは、コンピューターのことです。コンピューターとは、ネットワーク、インターネットのことです。「商取引」……、そのような言葉は日常生活で使わないのかもしれませんが、簡単に言えば「お買いもの」のことです。

ライブコマースが評判になっている

いま、ライブコマースがとても評判です。ライブコマースとはなんなのでしょうか。今、時代の流れにしっかりついていかないと、本当に何がなんだかわからない……という事態になってしまうかもしれませんね。要注意。

ライブコマースは、ECにライブ配信の動画を掛け合わせたもののことをいい、ライブ配信されたものをチェックして、商品を購入するという通信販売のスタイルです。

テレビでは、このような流れは、既に多くの人たちが受けとめ珍しいという感じではありませんので、ライブコマースの存在はすんなり受けとめてもらうことができるのではないでしょうか。まさに、ライブコマースは、テレビショッピングのインタラクティブ版であり、視聴者は、ライブ配信を見て、リアルタイムで出品者・販売者に対してショッピング……、ただし、そこでは質問、コメントもすることができます。

思えば、テレビショッピングもいいのかもしれませんが、テレビショッピングは、一方的媒体です。ライブコマースには、しっかりコミュニケーションという機能が存在していると思いますよ。まさに、ライブコマースには、ライブ配信の臨場感がメリットとして存在していると思います。

いま、ライブコマースに熱い注目が……。やっぱり理由のひとつは、新型コロナウイルスの影響です。しかし、新型コロナウイルスの影響がある程度おさまったあとでも、ライブコマースの便利さを実感し、評価し続ける人たちはきっと多くいらっしゃることでしょう。時代の流れは、まさにそちら向きです。

「歌ってみた」にトライ 必要な機材は?

ライブ配信も魅力ですが、「歌ってみた」で歌を録音するというのも魅力的ではないでしょうか。あなたが、「歌ってみた」にトライするため、 パソコンオーディオインターフェース マイク+α 録音ソフト(DAWなど)と言ったアイテムが必要です。

どのようなパソコンが必要?

ライブ配信でも、近年オーディオレコーディングには、パソコンは必要不可欠な存在です。そして、あなたは、高いスペックが必要不可欠と思うのかもしれませんが、 かなり古いパソコンはNGかもしれないですが、それ程高いスペックのパソコンが求められているということではありませんので安心してください。ノートパソコンでもno problemです。

私は、【東芝 dynabook AZ25/EG 東芝Webオリジナルモデル (Windows 10 Home 64ビット】を使用しています。

Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12

オーディオインターフェースには、
Steinberg スタインバーグ USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR12を購入しました。

パソコンとマイクのつなぎをする中継地点のような存在です。

SHURE ダイナミックマイク SM58 スイッチ無し SM58-LCE 【国内正規品】

次に必要不可欠アイテムは、マイクです。マイクは、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの2種類があります。

マイク&ケーブル以外にもマイクスタンドやポップガードはやっぱり必要ですよね。

私が購入したのは、コレです。【SHURE ダイナミックマイク SM58 スイッチ無し SM58-LCE (国内正規品)】です。

PreSonus Studio One

次のアイテムは、録音ソフト(DAW)です。声を取り込む録音ソフトです。無料で使用することができるものもありますが、私は、PreSonus Studio Oneシリーズのものを使用しています。

フリー版のStudio One Freeでも充分に使うことができると思いますよ。

声の低音をカットすることができたり、高音をブーストしてヌケのいい感じにしたり……ということを自在にすることができます。

【PreSonus DAWソフトウェア Studio One 4 Professional 日本語版(ボックス)】

amazonで、¥44,612 通常配送無料で販売されています。

安物買いの銭失い……、今後、本当に音楽に向かっていきたいと思うのなら、最初からこのようなしっかりしたアイテムを買うというのもいいでしょう。

そのような選択肢によって、続けようというモチベーションも生まれるでしょう。

教育現場で使われるライブ配信E-Lecture

いま、まさに教育現場で、ライブ配信が要求される時代となりました。配信する講師と、生徒たちが、果たしてインターネットでスムーズに積極的にやりとりできる授業スタイルは実現することができるのでしょうか。

いま、 E-Lectureは、そのような教育現場のニーズから誕生したライブ配信ということができます。

AZAでライブ配信機材をレンタル

積極的なやりとりによるライブ配信

ただ、ライブ授業を流すだけというのなら、どのようなライブ配信でもいいのでしょうけど、授業シーンでは、レクチャーに対して的確に返事をしたり、生徒さんからの反応をしっかり共有する必要があります。そのようなリクエストに対応することができる機能が、E-Lectureの 「反応ボタン」や「テキストチャット」と言ったものです。

「反応ボタン」や「テキストチャット」の機能によって、ライブ配信は、単にライブ配信から、生のレクチャーを実現することができます。

配信した後すぐオンデマンドを公開

また、E-Lectureでは、ライブ配信された授業風景のデータは、終了したあと、自動的にサーバーにアップロード、編集作業が面倒くさいということは一切ありません。要求があった際に要求に応じてサービスを提供することができます。

手軽にコンテンツを配信&受講

先生も、ライブ配信したいと思うものの、方法がわからないという人たちもいらっしゃるでしょうし、機材が調達出来ないということもあるかもしれません。

しかし、E-Lectureのライブ配信は、いたって方法は簡単、必要とされる機材は、パソコンまた、ipad、あとWebカメラオンリーです。E-Lectureのライブ配信は、特別なことなど何もいらないから、生徒たちとともに簡単に共有しあうことができます。

生徒たちは、パソコンやタブレット端末・スマートフォンで受講はno problemです。

リーズナブルコストを実現

E-Lectureのライブ配信はとても画期的方法です。とにかく一度導入したいと思うものの、料金が高いとなかなか実現することができないですよね……。しかし、E-Lectureのライブ配信は、 ライブ配信とオンデマンド配信のパッケージプランは、月額利用料50,000円(税抜)です。

この程度のリーズナブル料金であれば、悠々と教育現場で使用することができるレベルではないでしょうか。

いま、まさに、ライブ配信のニーズががぜん高まり始めた時代です。ライブ配信で、教育を受ける……、これ以上のライブ配信の有効価値のあることってないのかもしれないですよね。